携帯電話からでも無料 フリーダイヤル 0120-993-756
bg-1-134546

ブログ

全日本大学駅伝2016結果!一色がアンカーで逆転V

runner846: 掲載日: 2016年11月06日 13 : 35

0_0_0_0_154_214_csupload_68867459_large

(※写真は昔私が走った時の物です。今回の全日本大学駅伝のではありません)

 

全日本大学駅伝2016 青山学院大が初優勝!

 

今年の全日本大学駅伝も面白かったね~。

アンカーまで勝負がもつれる大接戦だったね。

早稲田大学も青山学院大も強かった…。

優勝したのは青山学院だったけど、

勝因は何だったんだろう?

 

0_0_0_0_209_235_csupload_69024236

 

レース中もレース前も失敗がなかったって事じゃないかな。

主力選手の離脱もなくほぼベストな布陣で臨む事が出来たのは大きかったと思うよ。

逆に

東海大学は關颯人選手や湊谷春紀選手。

駒沢大学は中谷圭介選手

東洋大学は口町選手

などの主要区間を走る選手がスタートラインに立てなかったのはやっぱり痛かった。

早稲田大学も井戸選手が不出場。

青山学院大も故障して走れない選手は居たけど、一色選手や田村選手、下田選手など主力選手が主要区間を走れたのは大きいよ。

 

そっか。

なかなかベストメンバーを組むことって難しいけど、青山学院大はしっかりと調整してきたって事だね。

レースでも大きな失敗はなかったもんね。

 

うん。全員が自分の仕事をしっかりとした。

 

そうだよね。渡辺康之さんも言ってたけど全員駅伝だったよね!

青山学院大学の皆さんおめでとうございます!

568429

 

 

♦全日本大学駅伝総合結果♦

 

1位 青山学院大

(下田裕太・田村和希・吉永竜聖・安藤悠哉・小野田勇次・森田歩希・中村裕紀・一色恭志)

2位 早稲田大学

(武田凛太郎・平和真・鈴木洋平・永山博基・新迫志希・藤原滋記・太田智樹・安井雄一)

3位 山梨学院大

(上田健太・佐藤孝哉・秦将吾・市谷龍太郎・熊代拓也・永戸聖・河村知樹・ニャイロ)

4位 駒沢大学

(工藤有生・西山雄介・紺野凌矢・下史典・中西亮貴・片西景・伊勢将吾・大塚祥平)

5位 中央学院大学

(大森澪・横川巧・樋口陸・高砂大地・藤田大智・廣佳樹・福岡海統・村上優輝)

6位 東洋大学

(服部弾馬・櫻岡駿・相澤晃・小笹椋・渡邉奏太・竹下和輝・小早川健・山本修二)

7位 東海大学

(鬼塚翔太・川端千都・館澤享次・石橋安孝・高田凛太郎・國行麗生・羽生拓矢・林竜之介)

8位 拓殖大学

(馬場祐輔・デレセ・土師悠作・宇田朋史・赤崎暁・新井裕祟・大中亮矢・西智也)

9位 國學院大学

(細森大輔・蜂須賀源・青木祐人・稲毛悠太・土方英和・熊耳智貴・蜂屋瑛拡・國澤優志)

10位 帝京大学

(竹下凱・内田直斗・岩佐壱誠・畔上和弥・宇佐美聖也・島口翔太郎・佐藤諒太・平田幸四郎)

11位 明治大学

(阿部弘輝・江頭賢太朗・三輪軌道・末次慶太・中島大就・射場雄太郎・磯口晋平・薮下響大)

12位 日本大学

(石川颯真・ワンブイ・岡野佑輝・川口賢人・石井健登・清水目大貴・松井之衣・山崎一輝)

13位 日本体育大学

(富安央・小松巧弥・辻野恭哉・吉田亮壱・宮崎勇将・室伏穂高・小町昌矢・小野木俊)

14位 国士舘大学

(住吉秀昭・八巻雄飛・三田眞司・戸澤奨・石井秀昴・多喜端夕貴・藤江千紘・餅崎巧実)

15位 大東文化大学

(原法利・奈良凌介・下尾一真・川澄克弥・新井康平・山本翔馬・鈴木太基・谷川貴俊)

 

 

1区(14・3km)

区間順位

1位 43分34秒 服部 弾馬 東洋大学

2位 43分45秒 武田凛太郎 早稲田大

3位 43分47秒 工藤 有生 駒沢大学

4位 43分58秒 石川 颯真 日本大学

5位 44分01秒 寺西 雅俊 京産大学

6位 44分02秒 上田 健太 山梨学院

7位 44分03秒 細森 大輔 國學院大

8位 44分04秒 下田 裕太 青山学院

 

1区は服部弾馬選手の走りが素晴らしかった。

7㎞過ぎで積極的に仕掛けて一度追いつかれてしまったけど、ラスト1㎞で再度ギアチェンジをして後続を突き放した。

テレビのこちらまで気迫が伝わってくる走りで見ていて感動した。

 

本当に凄かったよね。声を出して気迫が伝わってきたよ。

青山学院は少し出遅れたように見えたけど?

 

0_0_0_0_209_235_csupload_69024236

 

 

いや、青山学院は30秒差の7位だったけど、個人的にはこの差であれば合格点だと思う。

しっかりと仕事をこなしたよ。

 

 

2区(13.2km)

区間順位

1位 38分07秒 田村和希 青山学院

2位 38分27秒 平 和真 早稲田大学

3位 38分41秒 Wデレセ 拓殖大学

4位 38分43秒 ワンブイ 日本大学

5位 38分44秒 佐藤孝哉 山梨学院

6位 38分45秒 小松巧弥 日体大

7位 38分49秒 西山雄介 駒沢大学

8位 39分01秒 横川 巧 中央学院大

 

2区は青山学院大学の田村和希選手の素晴らしい走りが目立ったよね。

30秒差を一気に詰めて先頭に躍り出たんだから!

 

img_0256

 

凄かった。本調子ではなかったとはいえ、全日本インカレ2冠のワンブイ選手にも36秒差をつけて勝ったんだから。

この区間では圧倒的に強かったよ。

 

これで優勝をグッと引き寄せたよね。

 

うん。焦らずに走ることが出来るからね。選手も安心したはずだよ。

 

3区(9.5㎞)

区間順位

1位 27分15秒 館澤享次 東海大学

2位 27分28秒 鈴木洋平 早稲田大

3位 27分30秒 秦 将吾 山梨学院

4位 27分40秒 相澤 晃 東洋大学

5位 27分43秒 吉永竜聖 青山学院

 

ここでは早稲田大学の鈴木洋平選手が再び逆転をしたね!

このまま青山学院が行くかと思ったけど、前を走り積極的な走りだった。

 

591299

 

早稲田大学は1区・2区と区間2位の好走で3区に繋いだから、その勢いがタスキにそのまま乗り移った感じかな。

素晴らしい走りだったよ。

鈴木洋平選手は出雲駅伝で4区区間新記録を樹立したし、実力は本物だね。

 

青山学院大学は少し離されてしまったけど?

 

うん。でも3区を終えてこのくらいの差ならまだ大丈夫な範囲だよ。

 

後続では母校の東海大学のルーキー舘澤選手が区間賞の走りで順位を上げていったね!

 

img_0256

 

東海大学はここで追い上げられたのは大きいよ。

1年生で区間賞でしょ。なかなか取れないよ。

出雲駅伝でも区間2位で良い走りをしたし、素晴らしい。

 

4区(14㎞)

区間順位

1位 40分37秒 永山博基 早稲田大

2位 40分54秒 宇田朋史 拓殖大学

3位 41分00秒 高砂大地 中央学院

4位 41分13秒 下 史典 駒沢大学

5位 41分30秒 安藤悠哉 青山学院

6位 41分51秒 石橋安孝 東海大学

7位 41分54秒 市谷龍太郎 山梨学院

8位 41分59秒 川口賢人 日本大学

 

早稲田大学は流れに乗ったよね~。

1区~3区までオール区間2位の好走で繋いで来たから勢いバッチリだったね!

永山博基選手は追い風に乗って気持ち良く走っていた。

そして、この区間で早稲田大学がついに区間賞を獲得した!

 

364375

 

追い風もかなり吹いていたし、早稲田大学は流れにも乗っていたよ。

逆に青山学院のキャプテン安藤選手は先行されていて少し焦ってしまったかもしれないね。

ただ、ギリギリ射程圏内でタスキをつないでいたのは大きかったかな。

 

後方では拓殖大学の宇田朋史選手、中央学院大学の高砂大地が追い上げが凄かった!

 

img_0256

 

うん。この区間は差がつきやすいけど、一気に追い上げてきたよね。

箱根駅伝でも楽しみな二人だよ!

 

5区(11.6㎞)

区間順位

1位 35分07秒 小野田勇次 青山学院

2位 35分12秒 新迫 志希 早稲田大

3位 35分26秒 中島 大就 明治大学

4位 35分27秒 土方 英和 國學院大

5位 35分29秒 高田凛太郎 東海大学

6位 35分30秒 宇佐美聖也 帝京大学

 

この区間は大学3年生の時に一度走った事があるんだけど、風の影響を受けやすいんだよね。

だから身体の軽い選手は追い風か向かい風によってかなり変わってくるよ。

 

へぇ~そうなんだ。じゃあ風によって記録も変わってくるんだね。

 

うん。私の時はモロに向かい風で大変だったよ…。

 

さてさて…

勢いに乗った早稲田大学はこの区間はルーキーの新迫選手。

ルーキーとは言え日本インカレでも入賞した実績のある選手だしね。

安定感のある力強い走りだった!

 

新迫選手はバネがある素晴らしい走りだったね。風も良い感じで吹いていたし運も味方したかもね。

走りに自信があるのか堂々と走っていたよ。

対して青山学院の小野田勇次選手はやや不安そうな表情で走っていた。

1分以上のビハインドが予想外だったのかもしれないね。

 

img_0268

 

この区間は結果的に青山学院が5秒差を詰めた。

 

少しでも差を縮める事が出来たのは大きかったよ。

もしここで広がるといよいよ浮足立つからね。

 

6区(12.3㎞)

区間順位

1位 35分40秒 森田 歩希 青山学院

2位 35分54秒 國行 麗生 東海大学

3位 36分04秒 藤原 慈記 早稲田大

4位 36分10秒 射場雄太郎 明治大学

5位 36分17秒 永戸 聖 山梨学院

6位 36分23秒 片西 景 駒沢大学

 

6・7区は一般的に「つなぎの区間」と言われているけど…?

 

111938

 

確かにそう言われているけど12km前後距離があるから重要な区間であるのは間違いないよ。

ただ、この区間は選手層の厚いチームと薄いチームでの差がつきやすい。

つまり青山学院にとっては有利な区間となる。

 

確かに差が詰まっていったもんね。

 

藤原滋記選手も悪い走りではなかったけど、青山学院がこの区間に森田歩希のようなレベルの選手を配置出来るのはやっぱり凄い。

選手層の厚さを感じたよ。

 

後方では生井君の母校・東海大学が追い上げてきたね!

 

うん。國行選手が素晴らしい走りで一気にシード圏内に上がってきた。

東海大学も青山学院同様に選手層が厚いチームだよ!

 

7区(11.9㎞)

区間順位

1位 34分54秒 小町 昌矢 日本体大

2位 34分55秒 佐藤 諒太 帝京大学

3位 35分05秒 太田 智樹 早稲田大

4位 35分16秒 鈴木 太基 大東文化

5位 35分17秒 中村 祐記 青山学院

6位 35分21秒 伊勢 翔吾 駒沢大学

6位 35分21秒 蜂屋 瑛拡 國學院大

 

最初は6区同様に青山学院の追い上げが凄かった。

 

一時16秒差まで詰まったからね。

ただ、やっぱり先行されて焦っていたんだろうね。

前半少し飛ばし過ぎたよ。

やっぱり駅伝は先行するとマイペースで走れるから有利だね。

早稲田大学は最大限にそのメリットを生かしていたよ!

 

364375

 

結果的に差がさらに12秒広がってしまったもんね?

 

うん。早稲田大学の太田智樹選手は前半はマイペースで走る事が出来たからね。

それが大きいよ。

急がば回れと言うけれど、駅伝はやっぱり焦ってはダメだね。

 

シード争いも6位東洋大学と7位東海大学が4秒差で熾烈になったね。

 

8区(19.7㎞)

区間順位

1位 56分43秒 ニャイロ 山梨学院

2位 57分48秒 一色恭志 青山学院

3位 58分03秒 大塚祥平 駒沢大学

4位 59分14秒 山本修二 東洋大学

5位 59分33秒 安井雄一 早稲田大

6位 59分42秒 村上優輝 中央学院

7位 59分58秒 西 智也 拓殖大学

8位 60分10秒 薮下響大 明治大学

 

アンカーにタスキが渡った時点で首位早稲田大学と青山学院との差49秒。

逆転は難しいかと思ったけど流石は学生界のスーバーエース一色恭志選手だね。

 

412352

 

ギリギリ追いつけるか。って思っていたけど、凄かったね。

時計をつけないで走っていたせいか、前半やや速いペースで突っ込んだ。

あっという間に早稲田大学に追いついてしまったのは流石!

 

8㎞過ぎから完全に独走態勢に入ったもんね~。

強すぎる。

 

うん。勝負強さも速さも兼ね備えたランナーだよ。

早稲田大学と一騎打ちを見事に制して勝負をつけた。

今回のMVPは文句なしに一色恭志選手だね。

 

 

 

本当におめでとうございます!

優勝少女

 

さて、少し気が早いけど…

箱根駅伝はどうなるかな?

 

0_0_0_0_170_170_csupload_69024074

 

今日の結果を見ると青山学院が有利だけど、当日まで何が起こるかわからない。

もしかしたら青山学院にだってアクシデントが起きるかもしれないから!

 

そうだよね。ズバリ予想は?

 

戦力分析をして明日以降ブログを更新するよ。

 

なんだ…。つまらないなぁ…。

 

img_0258

 

選手の皆さんお疲れさまでした!

来年の箱根駅伝も頑張って下さい

 

514216

 

 

 

♦ランナー鍼灸院は湘南地域のマラソン・駅伝選手を応援しています!

当院は茅ケ崎・藤沢・寒川・平塚・綾瀬・横浜・大磯を中心に鍼灸マッサージ治療を行っています。

詳しい内容はこちら↓

長距離ランナー専用の治療院

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ランナー鍼灸院
http://www.runner846.com/
住所:〒253-0006 神奈川県茅ケ崎市堤1-1
TEL:0120-993-756
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇