携帯電話からでも無料 フリーダイヤル 0120-993-756
bg-1-134546

ブログ

第29回出雲全日本大学選抜駅伝2017の予想&展望!青山学院と東海大の2強による優勝争いか?

runner846: 掲載日: 2017年04月04日 0 : 11

第29回出雲全日本大学選抜駅伝2017の予想&展望!

 

かなり早いけど…。

3大駅伝の初戦、出雲駅伝はどの大学が優勝するかな?

 

2138

 

うーん。

まだこの段階だから予想するのは難しいけど…。

おそらく青山学院大学と東海大学の一騎打ちになるんじゃないかな。

 

627622

 

やっぱりそうかなぁ。

私もそう思うんだよね。

 

本来なら前回2位の山梨学院大も優勝候補なんだけど…。

箱根駅伝の予選会がすぐ後に控えているからね。

どうだろう。

出場権はあるけど出場するかどうか。(前回2位の為、シード権がある)

出場したとしても箱根駅伝の予選会を優先するはずだからベストメンバーは揃えてこないはず。

そうなると難しいかな。

ニャイロという大砲がいるからベストメンバーで組めば面白いんだけどね。

 

で、優勝予想は?

戦力的にはどうなの?

 

結論から言うと

 

東海大学が優勝すると思う。

 

理由としては2つ

昨年の結果と現時点の戦力(卒業生が抜けたダメージ)と新入生。

どちらも東海大学の方が有利だと思うんだ。

 

627514

 

 

 

①卒業生が抜けたダメージ

 

青山学院 ダメージ 

 

東海大学 ダメージ なし

 

青山学院大学(前回優勝)

1区(8.00㎞)鈴木塁人 5位 23分33秒

2区(5.80㎞)田村和希 1位 16分24秒

3区(8.50㎞)下田裕太 4位 25分16秒

4区(6.20㎞)茂木亮太 2位 17分39秒卒業

5区(6.40㎞)安藤悠哉 1位 17分43秒卒業

6区(10.2㎞)一色恭志 2位 29分34秒卒業

 

 

 

東海大学(前回3位)

1区(8.00㎞)鬼塚翔太 2位 23分26秒

2区(5.80㎞)舘澤享次 2位 16分34秒

3区(8.50㎞)關颯人 1位 24分50秒

4区(6.20㎞)川端千都 6位 17分51秒

5区(6.40㎞)三上嵩斗 2位 17分56秒

6区(10.2㎞)湊谷春紀 5位 29分34秒

 

青山学院大学は

 

4区~6区の選手が卒業してしまっているんだよね。

4区と5区は区間新(区間順位は2位と1位)

6区は学生界のエースだった一色恭志。

6区間中3区間が抜けるのは層が厚い青山学院大学とはいえ、かなり痛い。

特にアンカーを走った一色恭志の穴を埋めるのは容易ではないよ。

下田裕太か田村和希をアンカーに回すか、それとも他の選手に任せるか…。

どちらにしても負担は大きい。

前半区間に穴が空いてしまう。

一色恭志の存在が大きかっただけに不安が残る。

 

逆に東海大学は前回メンバーから抜ける選手が一人もいない。

それどころか

1区から3区の主要区間を走った選手は1年生(現2年生)

これはかなり大きいよ。

そのまま並べてもいいし、誰か一人アンカーに回してもいい。

個人的には

昨年同様(出雲駅伝2016)のメンバーを1区から3区に並べて

アンカーは都道府県男子駅伝でも好走した春日千速や関東インカレ全日本インカレ10000mで入賞した松尾淳之介辺りを配置しても面白いと思う。

 

 

627556

 

②新入部員の戦力

 

青山学院 戦力アップ度 

 

東海大学 戦力アップ度 特大

 

 

確かにこうして去年の結果から戦力を分析すると東海大学は強いね。

スピードランナーが揃っているし、伸びしろはあるし、昨年の経験もある。

新入生はどうなの?

 

588

 

青山学院大学も東海大学も有力な新人が入学している。

既にトップレベルなのが

 

青山学院大学

吉田圭太(世羅高校) 13分50秒

神林勇太(九州学院) 13分59秒

 

東海大学

名取燎太(佐久長聖) 13分52秒

塩澤稀夕(伊賀白鳳) 14分01秒

西田壮志(九州学院) 14分15秒

 

かな。

 

吉田圭太選手は5000mが13分50秒と大学、いや実業団選手並みの記録を既に持っているスピードランナー。

2016全国高校駅伝1区では区間19位と本領発揮が出来なかったけど、確実にメンバー争いには絡んでくる選手。

神林勇太は2016全国高校駅伝4区で23分06秒の好記録で2位。

2017年全日本インカレ5000mでは吉田圭太が9位(14分00秒85)神林勇太が12位(14分07秒77)としっかりと戦力の目処がたっている。

大物選手が2人入るっていうのは強みだよ!

 

青山学院大学はすごい補強をしたね!

これだったら卒業した4年生の穴を埋めることができるんじゃない?

 

いや、流石にそこまでは無理だと思うよ。

ただ、すごい補強をしたのは間違いない。

青山学院大学は近年素晴らしい補強をしているよ。

原監督がテレビに出たりリクルート活動をしている成果なのかな…。

 

これだったらやっぱり青山学院大学が有利なんじゃない?

 

img_0257

 

いや、そんな事もないんだ。

東海大学はもっとすごいんだよ。

高校時代の実績なら…

 

名取燎太、塩澤稀夕、西田壮志の3人は5000mの自己記録も良いんだけど、勝負強くてロードに強いんだ。

2016全国高校駅伝ではエース区間1区で1位~3位を独占。

塩澤稀夕と名取燎太は都道府県男子駅伝2017でもエース区間1区と5区でそれぞれ区間賞を獲得している。

大きな大会で高レベルで安定した結果を残す。これってとんでもなく凄い事なんだ。そんなビッグな新人が加入する。

昨年に引き続き素晴らしい補強が出来ているよ。

まだ、大学生活に慣れていないのか入学してからは大きな結果は出せていないけど秋以降爆発する可能性はある。

 

627514

 

とにかく両チームとも

出雲駅伝は短い距離だし新人選手も十分に戦力になる。

4区や5区辺りに投入するのが無難だけど

1年生でもいきなり1区や3区、アンカーに抜擢される可能性もあるくらい強力だね。

 

うーん。

こうして見ると東海大学が確かに有利だね。

まぁ出雲駅伝はまだまだ先の話だけどね。

 

その通り。

出雲駅伝は10月なんだよね。

 

これから関東インカレとか日本選手権とかあって夏合宿があってとにかく色々な事がある。

 

新入生は慣れない環境に対応できるかわからない(共同生活や大学の勉強などで)

10月の段階でしっかりと生き残っているか?(故障や体調不良がないか?)

がとても重要。

戦力が揃っていても故障で使えなかったり調整不足で実力が発揮出来なかったら優勝は出来ない。

 

塩尻和也がいる順天堂大学や鈴木健吾がいる神奈川大学にもワンチャンスあるし、他大学が優勝する展開だってあるから!

10月になったら改めて予想がしたいね。

 

627622

 

その他大学駅伝の予想はこちら↓

2017年全日本大学駅伝の予想

優勝候補の戦力分析&卒業生のダメージ指数

 

2018年箱根駅伝の予想

シード校の戦力分析&卒業生のダメージ指数

 

第94回箱根駅伝2018予選会の予想

出場チームの突破確率&戦力分析

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
湘南地域(藤沢市・茅ケ崎市・寒川・平塚市)の
健康保険適用・在宅・訪問マッサージ
ランナー鍼灸院
http://www.runner846.com/
住所:〒253-0006 神奈川県茅ケ崎市堤1-1
TEL:0120-993-756
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇