携帯電話からでも無料 フリーダイヤル 0120-993-756
bg-1-134546

ブログ

慶応大学競走部に保科光作コーチを招へい!箱根駅伝出場なるか?

runner846: 掲載日: 2017年04月12日 22 : 06

慶応大学競走部が「慶應箱根駅伝プロジェクト」始動

(詳しくはこちら→ヤフーニュース

 

31caa4c319ceb726631c3953fc295dbb_s

 

保科光作コーチを招へいしたそうです。

 

とても良い事ですね。

慶応大学のような名門大学が箱根駅伝に参戦すれば注目度も上がるし盛り上がる事間違いなし!

嬉しいニュースですね!

 

627622

 

またコーチも素晴らしい人選をしました。

保科光作コーチは日体大や日清食品で活躍した実績のある人物です。(ニューイヤー駅伝優勝経験あり)

実は彼とは大学時代に一度だけ国際千葉駅伝の日本学生選抜で同じチームになった事があるんです。

(私が2003年出雲駅伝4区区間賞、保科光作が3区区間賞で日本学生選抜に選出される)

当時の彼は一年生だったのですが、

しっかりと自分の考えを持っていて責任感のある人格者だったのを今でも覚えています。

きっと良い指導者になるでしょう。

 

627514

 

さて、慶応大学は箱根駅伝に出場出来るのでしょうか?

また、それはいつ頃になるのでしょうか?

 

101166

 

私の予想ですが

いずれ出場は出来るでしょう!

 

慶応大学のようなブランド力の高い大学に

 

保科光作のような素晴らしいコーチがいるのだから

 

ほぼ間違いなく出場できると思います!

 

627556

 

ただ、

 

いつ

出場が出来るか?

 

ですよね。

 

これが難しいです。

 

慶應大学は

箱根駅伝の予選会では通過ラインと39分10秒差の28位(2016年)

 

これではいきなり選手は集まりません。

私もそうでしたが高校生が大学(進路)を選ぶ時は

 

まず

 

箱根駅伝に走れる大学

 

を選びます。

 

いくら慶応大学と言っても

 

現状では有力選手を獲得するのは難しいです。

 

それも慶応大学は

 

入試制度は従来と変わらず

 

新たなスポーツ推薦制度は設けない!

 

そうで

 

合格(入学)の保証はできない!

 

っという条件だそうです。

 

これは勧誘活動においてかなり足枷になります。

 

627532

 

だったら

ほぼ無条件で入学できる有名大学や特待生のある大学に行ってしまいます。(私が高校生だったらそうします。)

 

ですので高校生の一流選手(インターハイ決勝レベル)は当分獲得出来ないでしょう。

おそらく他大学に取られてしまいます。

実力者は部活一筋で勉強はほとんどやってないはずです。(やっている人もいると思いますが、当時私の周りにはいませんでした。)

リスクがあるところには行かないでしょう。

 

と、なると最初は

付属の高校か

 

14分台の子に声をかけて

 

何とか入学試験を通ってもらい人数を集める。

 

そして、箱根駅伝予選会でも上位に上がって来て

 

慶応大学が認識されてきたら…。(有力選手も入学試験を受けてくれる?)

 

って感じではないでしょうか。

 

それが出来るにはやっぱり最低でも5年はかかると思います。

 

627514

 

で、慶応大学が箱根駅伝に出場するのは…

 

第100回大会(2024年)

 

になると予想します。

 

記念大会ですね。

 

おそらく出場チームも増枠されるので(3枠~5枠)

 

出場できる可能性も高まるでしょう。

 

627622

 

1994年の記念大会以来出場から遠ざかっている慶応大学

 

是非とも復活してほしいですね!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
湘南地域(藤沢市・茅ケ崎市・寒川・平塚市)の
健康保険適用の在宅・訪問マッサージ
ランナー鍼灸院
http://www.runner846.com/
住所:〒253-0006 神奈川県茅ケ崎市堤1-1
TEL:0120-993-756
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇