携帯電話からでも無料 フリーダイヤル 0120-993-756
bg-1-134546

ブログ

舟津彰馬が超スローペースの男子1500mを制す!日本インカレ2017年

runner846: 掲載日: 2017年09月11日 19 : 06

全日本インカレ2017年

YouTube Preview Image

男子1500mの結果

 

1位 4分01秒31 舟津 彰馬(中央大学)

2位 4分01秒46 清水 鐘平(山梨学院)

3位 4分01秒51 田母神一喜(中央大学)

4位 4分01秒77 井上 弘也(上武大学)

5位 4分01秒95 駒山 魁都(日本薬科)

6位 4分01秒97 館澤 享次(東海大学)

7位 4分02秒07 小林 航央(筑波大学)

8位 4分02秒23 野口 雄大(順天堂大)

 

全日本インカレ男子1500mは舟津彰馬が制しました。

未だかつてない超スローペースでしたね。(1km約3分ペース)

全日本インカレ5000m全日本インカレ10000mはもちろん関東インカレなどのハーフマラソンよりもペースが遅い展開で横に広がり少し走りづらそうでした。

 

動きがあったのはラスト1周に入る手前で

ほぼラスト1周勝負です。

こういった展開になると位置取りが重要となりますね。

後方の方に位置取りしていると前で急にペースが上がった時に対応がしづらくなります。

そんな中好位置をキープしていた舟津彰馬がラスト勝負を制して日本インカレ初優勝を飾りました。

 

優勝少女

 

記録は4分01秒と高校インターハイ1500mはもちろん全国中学選手権1500mよりも遅い記録となりましたが

そんなのは関係ありません!

 

全日本インカレ1500mのタイトルを獲得した

というのに大変価値があります。

 

627622

 

去年の箱根駅伝予選会から舟津彰馬ファンの私にとっては嬉しい限りです。

1年生から名門中央大学のキャプテンをするって凄い事ですから。

私が1年生だった時、4年生は神みたいな存在でしたから…。

2年生や3年生も怖かったですし…

今と昔は多少違うかと思いますが

2年生~4年生をまとめるのってすごく大変だったと思います。

結果も求められるのでプレッシャーだってものすごいですからね。

特に昨年箱根駅伝予選会ではすごく責任を感じたと思います。

YouTube Preview Image

今回はその苦労が報われた形になりましたね。

いや、報われたと言うのは箱根駅伝予選会を突破してからですかね…。

 

とにかく今回は

本当におめでとうございます。

 

2146

 

ただ一つ心配なのが

 

この時期に1500mに標準を合わせて大丈夫?

 

101166

 

というところです。

 

箱根駅伝予選会を走るなら9月初旬は走り込みの時期でスピードはそれほどやらないのが通常です。

今年も中央大学は箱根駅伝予選会で突破するかはボーダーライン。

 

これから箱根駅伝予選会に向けて再度練習になると思いますが

タイトルを獲得した勢いで是非とも予選会でも快走して欲しいですね。

 

514216

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
湘南地域の健康保険適用・在宅・訪問マッサージ
ランナー鍼灸院
http://www.runner846.com/
住所:〒253-0006 神奈川県茅ケ崎市堤1-1
TEL:0120-993-756
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇