携帯電話からでも無料 フリーダイヤル 0120-993-756
bg-1-134546

ブログ

第49回全日本大学駅伝2017の結果 アンカー鈴木健吾で神奈川大学が逆転優勝

runner846: 掲載日: 2017年11月05日 13 : 34

第49回全日本大学駅伝2017

2017年11月5日(日曜日)

 

IMG_1112

 

 

総合結果

1位 神奈川大 5時間12分49秒

2位 東海大学 5時間14分07秒

3位 青山学院 5時間15分22秒

4位 駒澤大学 5時間15分59秒

5位 東洋大学 5時間16分29秒

6位 中央学院 5時間17分59秒

7位 早稲田大 5時間19分08秒

8位 帝京大学 5時間19分39秒

 

 

区間賞

1(14.6km)43分25秒 相澤 晃(東洋大学)

2(13.2km)38分04秒 田村和希(青山学院)

309.5km)27分02秒 館澤享次(東海大学)

4(14.0km)40分09秒 菅 真大(城西大学)

5(11.6km)33分52秒 越川堅太(神奈川大)

6(12.3km)35分57秒 堀合大輔(駒沢大学)

7(11.9km)34分08秒 阿部弘輝(明治大学)

8(19.7km)57分06秒 ニャイロ(山梨学院)

 


 

東海大学と青山学院大学の2強による争いを予想していたのですが…

(参考→2017年全日本大学駅伝の予想

 

そうではありませんでした!!

申し訳ございません。

 

628738

 

強かったですね!

 

神奈川大学

 

山藤篤司鈴木健吾だけのチームではありませんでした。

(1区で山藤篤司が流れを作りアンカーに鈴木健吾がいるという安心感はあったとは思いますが…)

2区~7区まで誰一人として失敗する選手がいませんでした。

ピークの持って行き方が良かったですね。

 

627622

 

対して

 

東海大学は出雲駅伝優勝の立役者であった坂口竜平がや松尾淳之介が使えず

鬼塚翔太や關颯人の調子がイマイチでした。

 

青山学院大学も同様で橋詰や神林勇太が使えずにエース格の下田裕太が万全ではありませんでした。

 

どのチームにもアクシデントは付き物なのですがエース級の選手にアクシデントがあったのは痛かったです。

 

神奈川大学はレースも含めエラーがなかったのが勝因でしょう。

 

前回不出場で予選会からの出場は優勝は珍しいです。

 

おめでとうございます。

 

568429

 

 

個人的には昨日の神奈川県高校駅伝2017で母校の藤沢翔陵が敗れたのに続いて

母校の東海大学が優勝出来なかったのは残念です。

私たち以来の優勝が見たかったのが正直なところです。

 

627522

 

ただ、第94回箱根駅伝2018では優勝してくれるのではないかと期待しています!

 

529515

 


 

 

個人的に「強かったな」と思う選手

 

鈴木健吾(神奈川大学)

8区(19.7km)2位 57分24秒

今大会のMVP

アンカーに彼がいたのはチームに安心感を与えた。

走りも安定感があり確実に走り、優勝を決めた。

前半からハイペースで走り最後まで失速しなかったのは流石!

個人的には箱根駅伝2区でどれだけの記録を出せるかに注目している。

 

 

田村和希(青山学院大学)

2区(13.2km)1位 38分04秒

1区の出遅れをカバーする素晴らしい走りだった。

後半の3kmはややバテてしまったが、前半突っ込んで走ったので仕方ない。

(むしろあの程度の失速で留めたのはすごい)

出雲駅伝に続いての区間賞。

やっぱり田村和希は駅伝に強い。

ここで優勝戦線に踏みとどまった。

 

相澤晃(東洋大学)

1区(14.6km)1位 43分25秒

ラスト1kmから気合の走りが凄かった。

そのまま2区渡邉奏太に勢いが乗り移った。

東洋大学は全日本大学駅伝1区には強いイメージがある。

1区は朝早くて同時スタートでプレッシャーも高いので貢献度は大

5区まで先頭争いが出来たのは彼の走りのおかげ

 

渡邉奏太(東洋大学)

2区(13.2km)2位 38分29秒

1区からの勢いをそのまま継いでトップ中継。

後半の走りが素晴らしく、駒澤大学・早稲田大学・神奈川大学のエースを振り切った。

区間賞こそならなかったが駆け引きの中、先頭を走ったの評価。

出雲駅伝の借りは完全に返した。

 

菅 真大(城西大学)

4区(14.0km)1位 40分09秒

テレビに全く映らなかったので走りを見てないが、後方でタスキを受けての区間賞は評価大。

特に4区は準エース区間でもあるので驚き。

 

山本修二(東洋大学)

4区(14.0km)2位 40分11秒

先頭でタスキをもらった強みもあるが最後までペースが落ちる事なくトップで渡すことが出来た。

出雲駅伝に続いての素晴らしい走りした。

安定感もあるし箱根駅伝ではどの区間を走るかを含めて楽しみ。

 

越川堅太(神奈川大学)

5区(11.6km) 1位 33分52秒

2人を抜き東洋大学との差を一気に詰める快走で首位が見える位置に浮上した。

つなぎの区間であるがこの区間では頭一つ抜けた走りをした。

優勝への足掛かりになった。

 

館澤享次(東海大学)

3区(09.5km)1位 27分02秒

前半から飛ばし過ぎかと思うくらいのハイペースだったが後半も大きく落ちる事がなかった。

ここでトップ射程圏内の2位上がれたのは大きい。

前回の第48回全日本大学駅伝2016で出した自身の記録も上回り確実に力をつけている。

1500mの印象が強いが十分に長い距離にも対応できる。

箱根駅伝にも期待。

 

塩尻和也(順天堂大学)

2区(13.2km)3位 38分31秒

1区で3分近く遅れてのスタートだったにも関わらず10人抜きの走りで一気にジャンプアップ。

出雲駅伝に続いて素晴らしい走りだった。

箱根駅伝では2区でどれだけの記録で走るかが注目。

 

阿部弘輝(明治大学)

7区(11.9km)1位 34分08秒(区間新)

追い風があったとは言え後方でタスキをもらって区間賞&区間新は立派。

区間2位の三上崇斗に22秒と頭一つ抜けていた。

箱根駅伝に出場出来ないのが残念。

来年に向けて頑張って欲しい。

 

三上崇斗(東海大学)

7区(11.9km)2位 34分30秒

7区で神奈川大学を引き離し東海大学優勝の可能性を繋げる。

何とか1秒でも貯金をしようする走りはとても良かった。

出雲駅伝に続いての快走。

計算できる選手なだけに箱根駅伝ではどの区間を走るかが注目。

 

西山和弥(東洋大学)

3区(09.5km)3位 27分21秒

1年生と思えない堂々とした走りトップ中継をした。

1区からの流れを途切らせる事なく安定した走りをした。

流石は全日本インカレ10000mで日本人トップ

 


 

第49回全日本大学駅伝

 

20年ぶり3日目の優勝

神奈川大学

 

IMG_1113

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
湘南地域の健康保険適用・在宅・訪問マッサージ
ランナー鍼灸院
http://www.runner846.com/
住所:〒253-0006 神奈川県茅ケ崎市堤1-1
TEL:0120-993-756
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇