携帯電話からでも無料 フリーダイヤル 0120-993-756
bg-1-134546

ブログ

第96回箱根駅伝2020の優勝予想 3強のダメージ指数から予想してみました

runner846: 掲載日: 2019年02月07日 13 : 25

第96回箱根駅伝2020の優勝予想を4年生(卒業生)が抜けた戦力ダウン値から3強と言われる各大学のダメージ指数を元に優勝を予想してみました。

 

387439

 

 

前回優勝

 

東海大学

4年生(卒業生)2人 -145

 

ダメージ 

 

2区 08位 68分05秒 湯沢  舜 -80

9区 02位 69分36秒 湊谷 春紀 -65

 

 

 

前回2位

 

青山学院大学

 

4年生(卒業生)5人 -440

 

ダメージ 特大

 

1区 03位 62分41秒 橋詰 大慧 -80

2区 10位 68分30秒 梶谷 瑠哉 -80

3区 01位 61分26秒 森田 歩希 -100

6区 01位 57分57秒 小野田勇次 -90

7区 01位 62分18秒 林  圭介 -90

 

 

 

前回3位

 

東洋大学

 

4年生(卒業生)3人 -195

 

ダメージ 

 

2区 04位 67分37秒 山本 修二 -95

7区 03位 63分45秒 小笹  涼 -70

9区 19位 72分20秒 中村 拳梧 -30

 

 

 

まず!!

青山学院大学はダメージ指数は特大で

大ピンチです!!

優勝は厳しいかなぁ~というのが私の予想です。

 

4年生(卒業生)は最多5名でそれも往路の主要区間1区~3区と6区・7区で区間賞を獲得した主力選手がごっそりと抜けるって…それはもうチームが変わってしまうような事態なのです。

 

野球で例えると

打者でクリーンアップを打っていた3番4番5番

投手ではエースと抑え投手が

同時に抜けるようなものです。

黄金時代の西武ライオンズで表すと、秋山・清原・デストラーデ・工藤・鹿取が同時に抜けるようなイメージです(分かりづらいですかね?)

 

サッカーで例えるなら

センターライン(センターフォワード・トップ下・ボランチ・センターバック・ゴールキーパー)が抜けるようなものです。

2019年アジアカップ日本代表で表すと大迫・南野・柴崎・吉田・権田が同時に抜けるようなイメージです。

 

ワンピースで例えるなら

船長と隊長が同時に抜けるようなものです。

白ひげ海賊団と表すと、白ひげ船長・マルコ隊長・エース隊長・ジョズ隊長・ビスタ隊長が同時に抜けるようなイメージです。

 

例えが分かりづらいかもですが…

チームが変わってしまう

下手をすると崩壊してしまうくらいの戦力ダウンです。

 

特に森田歩希が抜けるのは大ダメージで箱根駅伝だけでなく出雲駅伝や全日本大学駅伝でも森田がエース区間を「確実に走ってくれる」計算が出来ていました。

それが出来なくなります。

「混戦から抜け出せる」切り札がなくなるんですよね。

もうこれはかなり痛いです。

 

628738

 

ただ、これだけごっそりと主力選手が抜けて優勝出来たら

本当にすごい事です。

現存戦力と新戦力(新入生)の急成長が必須になりますが…

1年で可能かと言われると結構難しいです。

ただ、原監督なら何とかしてしまうかもしれません。

原監督の手腕に期待ですね。

 

627514

 

 

東洋大学は4年生が抜けるのは3人と少ないです。

青山学院大学と比べるとダメージは少ないですが…

ただし

2区を走った山本修二が抜けるのはダメージ大です!!

 

もちろん、相澤晃や西山和弥など代わりに2区を走る人材はいます。

ただ、そうなると4区や1区を走る人材が手薄になり結局は枚数が足りなくなるのです。

 

327427

 

 

青山学院大学のようにクリーンアップ全員が抜けるという訳ではありませんが

クリーンアップの一人が抜けるようなイメージです。

黄金時代の西武ライオンズで言うと秋山が抜けて

2019年のアジアカップだと日本代表で南野が抜けるようなイメージです。

白ひげ海賊だと不死鳥マルコがいなくなるような感じですかね。

チームがガラッと変わってしまう訳ではありませんが戦術が変わってしまうような選手がいなくなります。

 

彼なしでは2年連続の往路優勝はありませんでしたから。

 

3年連続で往路優勝するには山本修二に匹敵するような選手が必要となります。

鈴木宗孝が急成長して穴を埋める事が出来ればそれが可能になるかもしれません。

 

青山学院大学と同様に

現存戦力と新戦力(新入生)の急成長が必須となりそうです。

 

627622

 

それに対して優勝した東海大学ダメージは少ないです。

往路と復路のエース区間である2区、9区が抜けるのはもちろん痛いですが

それでも青山学院大学と東洋大学と比べるとそれほど大きくありません。

 

むしろ、第95回箱根駅伝で控えの選手の顔ぶれを見ると(關颯人・羽生拓矢・松尾淳之介・塩澤稀夕・名取燎太など)戦力ダウンという感じはせず、彼らが復活するだけで戦力アップのような気がします。さらに有力な新人も入る訳でかなり強いです。

 

139241

 

青山学院大学と東洋大学と同じように他のスポーツで例えるなら

(野球)

ただでさえ強かった黄金時代の西武ライオンズに当時の野茂英雄が加入する

(サッカー)

アジアカップ2019のメンバーに中嶋翔哉が加わる

(ワンピース)

白ひげ海賊団にサボが加入する

 

みたいなイメージですかね。

 

今の戦力があれば

成長は必要なく現状維持で優勝は出来ると思います。

怪我や体調不良などが一番怖いですね。

 

現状の戦力を見るとやっぱり

東海大学が2連覇ですかね。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
茅ケ崎・藤沢・平塚の医療保険適用、訪問マッサージ
ランナー鍼灸院
http://www.runner846.com/
住所:〒253-0006 神奈川県茅ケ崎市堤1-1
TEL:0120-993-756
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇