携帯電話からでも無料 フリーダイヤル 0120-993-756
bg-1-134546

ブログ

第94回箱根駅伝2018予選会の突破大学を予想!中央大学は復帰なるか?

runner846: 掲載日: 2017年09月12日 17 : 41

第94回箱根駅伝2018予選会

2017年10月14日(土曜日)

場所:国営昭和記念公園

 

9時35分スタート(20km)

 

各大学12名出走、上位10名の合計タイム

 

箱根駅伝予選会の突破校を予想してみました


 

 

【安全圏のチーム】

761357

山梨学院大学

 

突破確率 90%

 

2017年箱根駅伝  16位

前回箱根駅伝予選会  シード

全日本大学駅伝予選  シード

 

主力選手

ニャイロ・上田健太・市谷龍太郎

 

前回の箱根駅伝はまさかのシード落ちだった。

2016年の出雲駅伝2位全日本大学駅伝3位と優勝候補に挙げられていたのに…。

当日のコンディション不足が大きな原因なだけで戦力的には申し分ない。

ただし関東インカレの結果を見るとチーム状態はよくない。

悪い状態が続いているようだとまさかの落選もあり得る。

 

大東文化大学

 

突破確率 85%

 

2017年箱根駅伝 13位

前回箱根駅伝予選会 01位

全日本大学駅伝予選 04位

 

主力選手

原法利・林日高・奈良凌介・新井康平

 

前回箱根駅伝予選会ではトップ通過の経験があり経験者も多数。

全日本大学駅伝予選会を見る限り選手層も厚く全員が仕事が出来る印象がある。

外国人選手は不在で大砲は居ないが総合力でカバー出来そう。

 

明治大学

 

突破確率 85%

 

2017年箱根駅伝 18位

前回箱根駅伝予選会 02位

全日本大学駅伝予選 07位

 

主力選手

坂口裕之・畔上和弥・阿部弘輝

 

まずは坂口裕之の存在が大きい。

関東インカレ1部10000mや全日本大学駅伝予選会の走りを見ると完全に復活した印象が感じ。

前回箱根駅伝予選会2位突破のメンバーに彼が加わればまず問題なさそう。

前回経験者も多数いるので安全運転をすれば大丈夫。

 


 

【有力なチーム】

809340

帝京大学

 

突破確率 80%

 

2017年箱根駅伝    11位

前回箱根駅伝予選会    シード

全日本大学駅伝予選    06位

 

主力選手

佐藤諒太・佐藤敏也・星岳

 

2017年箱根駅伝では惜しくも11位。前回はシード校だった為経験がない点はやや不安点

ただ、全日本大学駅伝予選会でもしっかりと6位で通過しているし、まず大丈夫そう。

 

 

國學院大学

 

突破確率 75%

 

2017年箱根駅伝  16位

前回箱根駅伝予選会  08位

全日本大学駅伝予選  03位

 

主力選手

林日高・浦野雄平

 

前回経験者も多数おり問題はなさそう。

全日本大学駅伝予選会では神奈川大学・東海大学に続いての3位突破。

この調子が持続出来ていれば予選会突破は硬い。

 

創価大学

 

突破確率 70%

 

2017年箱根駅伝   12位

前回箱根駅伝予選会   03位

全日本大学駅伝予選   11位

 

主力選手

ムソニ・ムイル 大山憲明

 

前回箱根駅伝予選会の出走12名中11名が3年生以下。

セルナルド祐慈1人が抜けただけ。

確かにエース級の選手が抜けるのは痛いがそれでも一人。

経験者も多数。

全日本大学駅伝予選会は落選したが箱根駅伝予選会は通過できそう。

 

城西大学

 

突破確率 60%

 

2017年箱根駅伝   不出場

前回箱根駅伝予選会   12位

全日本大学駅伝予選   09位

 

全日本大学駅伝予選会もギリギリ9位で突破して勢いに乗っている。

前回箱根駅伝予選会は12位で予選会突破はならなかったが、そのメンバーが12名中9名残る。

予選会の走り方も分かっているし有利ではある。

 

主力選手

中島公平・金子元気


 

【当落線上のチーム】

 

893662

 

中央大学

 

突破確率 50%

 

2017年箱根駅伝   不出場

前回箱根駅伝予選会   11位

全日本大学駅伝予選   12位

 

主力選手

舟津彰馬・竹内大地

 

全日本大学駅伝予選会3組や全日本インカレ1500mで1位だった舟津彰馬を中心に勢いがある。

上位の選手と下位の選手のタイム差が気がかり。

町田大雅や相場一生など昨年箱根駅伝予選会チーム1位・2位が抜けた穴を埋められるかがポイントになりそう。

 

 

国士舘大学

 

突破確率 40%

 

2017年箱根駅伝    20位

前回箱根駅伝予選会    09位

全日本大学駅伝予選会   13位

 

主力選手

住吉秀昭・ポール・ギトンガ

 

1年生の新入生ポール・ギトンガがどれだけ走れるか?キーポイントとなりそう。

ニャイロやデレセ、カリウキなどに匹敵する走力があれば国士舘大学の突破は硬い。

ただ、全日本大学駅伝予選会を見る限りそこまでの力はなさそう。

全員がブレーキをせずに少しずつ稼いでいければ予選突破できる。

 

上武大学

 

突破確率 30%

 

2017年箱根駅伝  15位

前回箱根駅伝予選会  06位

全日本大学駅伝予選  19位

 

主力選手

坂本佳太・太田黒卓

 

全日本大学駅伝予選会を見る限りでは箱根駅伝予選会を通過するのは難しい。

ただ、上武大学が箱根駅伝予選会の走り方を知っているのでそこは強み。

集団走がうまく機能すれば昨年に引き続き突破もあり得る。

 

拓殖大学

 

突破確率 30%

 

2017年箱根駅伝  14位

前回箱根駅伝予選会  07位

全日本大学駅伝予選  15位

 

主力選手

ワークナーデレセ・西智也

 

デレセという絶対的なエースと昨年箱根駅伝予選会を走った9名が残るのは強み。

ただ、宇田朋史が抜けたのは痛恨でこの穴を全員で埋められるかがポイントとなりそう。

全日本大学駅伝予選会ではあまり調子が良さそうではなかった。

うまく調整できるかがカギ。

 

日本大学

 

突破確率 20%

 

2017年箱根駅伝  19位

前回箱根駅伝予選会  10位

全日本大学駅伝予選  16位

 

パトリック・ワンブイ以外は計算できる選手がいない。

前回はギリギリ10位通過出来たが日本人エースの石川颯真ら4人当時の4年生が抜けた。

この穴は埋まりそうもない。

ただ、全員が失敗しなければワンブイがいるので可能性はある。

 

主力選手

パトリック・ワンブイ

 

東京国際大学

 

突破確率 20%

 

2017年箱根駅伝  不出場

前回箱根駅伝予選会  15位

全日本大学駅伝予選  14位

 

主力選手

モグス・タイタス・鈴木博斗

 

5000m元日本チャンピオンの渡邊和也がどこまで走れるか?を個人的に注目している。

全盛期の80%くらいまで戻ればかなりの戦力になるが、どうだろうか?

100000m27分47秒の自己記録を持つだけに期待してしまう。

勿論、走れる状態でない場合もあるのでそうなると予選突破も黄色信号。

 

専修大学

 

突破確率 10%

 

2017年箱根駅伝  不出場

前回箱根駅伝予選会  14位

全日本大学駅伝予選  17位

 

主力選手

長谷川柊

 

前回箱根駅伝予選会でチームトップで59分40秒で走った丸山竜也が抜けたのが痛い。

さらに前回チーム3位、4位の浜野優太、小沢勇斗ら複数の主力選手が抜けたのでチーム力としては下がってしまった。

全日本大学駅伝予選会では長谷川柊が最終組で良い走りをしていた。

彼と同様の選手があと2、3人出てくれば可能性あり。

 

東京農業大学

 

突破確率 10%

 

2017年箱根駅伝  不出場

前回箱根駅伝予選会  13位

全日本大学駅伝予選  不出場

 

主力選手

小山直城

 

前回箱根駅伝予選会でチーム上位を走った選手が4人抜けてやや戦力ダウン。

全日本大学駅伝予選会に出場していないので今年の状態が読みづらいが関東インカレなどを見るとあまり良くはなさそう。

全員が失敗しなければ可能性はあるけど難しそう。

 

亜細亜大学

 

突破確率 9%

2017年箱根駅伝  不出場

前回箱根駅伝予選会  16位

全日本大学駅伝予選  20位

 

主力選手

古川舜

 

全日本大学駅伝予選会を見る限り予選突破は難しい。

ただ、夏を越えてチームがガラリと変わる事もある。

そうなった場合のみ予選突破の可能性が見える。

ワンチャンスあるかないか。


 

【将来期待のチーム】

362210

筑波大学

 

突破確率 8%

 

2017年箱根駅伝  不出場

前回箱根駅伝予選会  24位

全日本大学駅伝予選  18位

 

主力選手

森田佳祐

 

全日本大学駅伝予選会に出場しチーム力は飛躍的に向上した。

関東インカレや全日本インカレでも1500m等で上位に顔を出し勢いがある。

前回24位という順位は確実に上回りそう。

ただ、10位以内となると他大学のエラーが必要となる。

 

駿河台大学

 

突破確率 6%

 

2017年箱根駅伝  不出場

前回箱根駅伝予選会  19位

全日本大学駅伝予選  不出場

 

主力選手

川口昴平

 

平賀喜裕という絶対的エースが抜けてしまったのは痛恨。

ただ、年々順位が上がり力をつけてきている大学なので個人的にはすごく注目している。

今回は15位以内を目指したい。

 

日本薬科大学

 

突破確率 5%

 

2017年箱根駅伝  不出場

前回箱根駅伝予選会  18位

全日本大学駅伝予選  不出場

 

主力選手

サイモン・カリウキ

 

サイモン・カリウキというスーパーエースがいるだけに後の選手が頑張れば上位に行く可能性はある。

ただ現実的にはまだ人数が足りていない。

 

桜美林大学

 

突破確率 3%

 

2017年箱根駅伝  不出場

前回箱根駅伝予選会  25位

全日本大学駅伝予選  不出場

 

主力選手

キサイサ

 

今の所はキサイサのみのチーム。

これからに期待!

まずは20位以内。

 

慶応義塾大学

 

突破確率 2%

 

2017年箱根駅伝  不出場

前回箱根駅伝予選会  28位

全日本大学駅伝予選  不出場

 

主力選手

根岸祐太

 

今季から保科コーチを招へいしてチームの強化を計ったので注目している。

今回の予選突破はまず無理だと思うが5年後に期待。

 

東京大学

 

突破確率 1%

 

2017年箱根駅伝  不出場

前回箱根駅伝予選会  30位

全日本大学駅伝予選  不出場

 

主力選手

近藤秀一

 

近藤秀一が関東学連選抜チームに入り、今年こそ箱根駅伝を走って欲しい。

チームが出場権を得るのは現実的には難しい。


 

591299

 

箱根駅伝予選会は「必ず大丈夫だろう」と言われているチームが平気で落選したりします。

それくらいプレッシャーがかかり普段の力が発揮出来なかったりする大会です。

私も大学3年生の時に箱根駅伝予選会を経験しましたが

 

img_0372

 

それはもうドキドキでした。

もし、落選したら…

お正月は沿道で係員ですから。

部員に顔が合わせられません。

 

なので私も一生懸命予想をしましたが戦力通りに事が運ぶかは不明です。

むしろ外れる可能性の方が高いです。

なので安全圏と予想しているチームも落選するかもしれません。

 

どのチームが箱根駅伝出場のチケットを獲得するか?

注目ですね!


 

3大駅伝の予想ブログはこちら↓

 

2017年出雲駅伝の優勝予想

青山学院大学と東海大学の戦力分析&卒業生のダメージ指数

 

2017年全日本大学駅伝優勝予想

優勝候補の戦力分析&卒業生のダメージ指数

 

2018年箱根駅伝の優勝予想

優勝候補の戦力分析&卒業生のダメージ指数

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
湘南地域の健康保険適用・在宅・訪問マッサージ
ランナー鍼灸院
http://www.runner846.com/
住所:〒253-0006 神奈川県茅ケ崎市堤1-1
TEL:0120-993-756
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

舟津彰馬が超スローペースの男子1500mを制す!日本インカレ2017年

runner846: 掲載日: 2017年09月11日 19 : 06

全日本インカレ2017年

YouTube Preview Image

男子1500mの結果

 

1位 4分01秒31 舟津 彰馬(中央大学)

2位 4分01秒46 清水 鐘平(山梨学院)

3位 4分01秒51 田母神一喜(中央大学)

4位 4分01秒77 井上 弘也(上武大学)

5位 4分01秒95 駒山 魁都(日本薬科)

6位 4分01秒97 館澤 享次(東海大学)

7位 4分02秒07 小林 航央(筑波大学)

8位 4分02秒23 野口 雄大(順天堂大)

 

全日本インカレ男子1500mは舟津彰馬が制しました。

未だかつてない超スローペースでしたね。(1km約3分ペース)

全日本インカレ5000m全日本インカレ10000mはもちろん関東インカレなどのハーフマラソンよりもペースが遅い展開で横に広がり少し走りづらそうでした。

 

動きがあったのはラスト1周に入る手前で

ほぼラスト1周勝負です。

こういった展開になると位置取りが重要となりますね。

後方の方に位置取りしていると前で急にペースが上がった時に対応がしづらくなります。

そんな中好位置をキープしていた舟津彰馬がラスト勝負を制して日本インカレ初優勝を飾りました。

 

優勝少女

 

記録は4分01秒と高校インターハイ1500mはもちろん全国中学選手権1500mよりも遅い記録となりましたが

そんなのは関係ありません!

 

全日本インカレ1500mのタイトルを獲得した

というのに大変価値があります。

 

627622

 

去年の箱根駅伝予選会から舟津彰馬ファンの私にとっては嬉しい限りです。

1年生から名門中央大学のキャプテンをするって凄い事ですから。

私が1年生だった時、4年生は神みたいな存在でしたから…。

2年生や3年生も怖かったですし…

今と昔は多少違うかと思いますが

2年生~4年生をまとめるのってすごく大変だったと思います。

結果も求められるのでプレッシャーだってものすごいですからね。

特に昨年箱根駅伝予選会ではすごく責任を感じたと思います。

YouTube Preview Image

今回はその苦労が報われた形になりましたね。

いや、報われたと言うのは箱根駅伝予選会を突破してからですかね…。

 

とにかく今回は

本当におめでとうございます。

 

2146

 

ただ一つ心配なのが

 

この時期に1500mに標準を合わせて大丈夫?

 

101166

 

というところです。

 

箱根駅伝予選会を走るなら9月初旬は走り込みの時期でスピードはそれほどやらないのが通常です。

今年も中央大学は箱根駅伝予選会で突破するかはボーダーライン。

 

これから箱根駅伝予選会に向けて再度練習になると思いますが

タイトルを獲得した勢いで是非とも予選会でも快走して欲しいですね。

 

514216

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
湘南地域の健康保険適用・在宅・訪問マッサージ
ランナー鍼灸院
http://www.runner846.com/
住所:〒253-0006 神奈川県茅ケ崎市堤1-1
TEL:0120-993-756
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

全日本インカレ2017年陸上 男子5000m 坂口竜平が日本人トップの3位

runner846: 掲載日: 2017年09月10日 0 : 01

全日本インカレ2017年陸上競技

YouTube Preview Image

男子5000mの結果

 

1位 13分35秒19 キサイサ(桜美林大)

2位 13分46秒60 ワンブイ(日本大学)

3位 13分47秒85 坂口竜平(東海大学)

4位 13分52秒45 坂東悠汰(法政大学)

5位 13分52秒98 館澤享次(東海大学)

6位 13分57秒23 光延 誠(早稲田大)

7位 13分59秒75 野中優志(関西学院)

8位 14分00秒77 山本修二(東洋大学)

 

この日は男子100mで桐生祥秀が日本新記録を出したので会場は大盛り上がりでした。

凄かったですね。速かったですね。桐生祥秀!!

 

ただ、そんな後に行われた

男子5000mもハイペースで展開して好記録が生まれ素晴らしいレースでした。

3400m手前で後続を突き放したレダマ・キサイサが独走で優勝!

男子10000mで日本薬科大学のサイモン・カリウキに続いて箱根駅伝予選会組の大学が優勝しました。

箱根駅伝予選会では山梨学院大学のニャイロも含めて誰がトップを獲るか楽しみですね。

桜美林大学を箱根駅伝初出場に導けるかも注目です。

 

627622

 

日本人トップの3位に入ったのは東海大学の坂口竜平でした。

ハイペースの中で積極的に外国人について行っての3位ですのでとても価値がありますね。

ホクレンディスタンスでは既に13分41秒で走っており実力があるのは周知の事実。

ただ、全日本インカレのような大舞台で入賞するのは記録と違った価値があります。

速くて強い選手になりましたね。

この調子なら出雲駅伝全日本大学駅伝箱根駅伝でもエース区間を任されるかもしれません。

5位には館澤享次が入りましたし本当に東海大学の2年生は強いですね。

 

この時期は夏合宿と被る事が多くて本来の実力が発揮出来ない事が多いです。

また、箱根駅伝予選会や三大駅伝に向けて練習を積むため参加をしない大学もあるので現時点での実力を測るのは難しいです。

秋以降にどのようにチームが変化していくのが楽しみですね。

期待しています。

 

591299

 

因みにですが私も大学3年生・4年生時に全日本インカレの5000mに出場しました。

結果は2回とも散々で15位前後でした。

 

0_0_0_0_221_150_csupload_69018880_large

 

言い訳ですがやっぱり夏合宿明けで疲労困憊だったんですよね。

夏の走り込みをした後にスピードって結構キツイんです。暑いし…

昨日今日出場した選手にはこんな状態な人もいる訳で疲れが取れて夏の走り込みの成果が出てくる秋以降には別人のようにパワーアップする場合もあるんです。

駅伝シーズンを注目してください!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
湘南地域の健康保険適用・在宅・訪問マッサージ
ランナー鍼灸院
http://www.runner846.com/
住所:〒253-0006 神奈川県茅ケ崎市堤1-1
TEL:0120-993-756
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

桐生祥秀が9秒98の日本新!全日本インカレ2017男子100m

runner846: 掲載日: 2017年09月09日 16 : 37

全日本インカレ2017

 

YouTube Preview Image

 

男子100mの結果

 

1位 09秒98 桐生祥秀(東洋大学)

2位 10秒07 多田修平(関西学院)

3位 10秒31 竹田一平(中央大学)

 

 

ついに10秒の壁を破り日本人初の9秒台が出ました!!!

伊藤浩司さんの日本記録は19年ぶりに破ったのです!

短距離は全くの素人なのですが…

9秒台の凄さはわかります!

映像で見たのですが後半の伸びが素晴らしかったですね。

まさに完勝でした。

 

627622

 

桐生祥秀は高校時代に既に10秒01の記録を出していたので

 

9秒台は時間の問題

 

、と言われ続けて4年以上。

本人にとってはプレッシャーだったのではないでしょうか?

 

627524

 

今年の日本選手権でも世界選手権代表を逃す4位(100m)

 

「桐生祥秀は終わった」と言われながら

それでも腐らずにリレーメンバー要員として練習を積み

 

結果として全日本インカレで9秒98の日本新記録を出すことができました。

 

過程が素晴らしいですね。

実際に世界に通用するのかはわかりませんが日本の短距離界は世界に近づいてきたような気がします。

リレーではオリンピックでも世界選手権でもメダルを獲得しましたし、100mは準決勝に当たり前のように進出出来るようになりました。

200mでサニーブラウンが決勝に進出しましたし、個人種目でのメダルも見えてきたように感じます。

 

0_0_0_0_125_125_csupload_68998731_large

 

なぜなら今日本のトップにいる選手達が全員

 

若いからです!

 

これはかなりの強みです。

 

東京オリンピックではリレーで金メダル

 

100mは決勝進出

 

200mはメダル獲得

 

なんてシーンが見られるかもしれませんね。

 

ボルトは引退しましたし、2017世界選手権で優勝したガトリンは35歳です。

 

頑張って欲しいですね!

 

0_0_0_0_106_106_csupload_68998749_large

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
湘南地域の健康保険適用・在宅・訪問マッサージ
ランナー鍼灸院
http://www.runner846.com/
住所:〒253-0006 神奈川県茅ケ崎市堤1-1
TEL:0120-993-756
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017年全日本インカレ陸上競技 男子10000m ルーキー西山和弥が日本人トップの3位

runner846: 掲載日: 2017年09月08日 20 : 47

2017年全日本インカレ陸上競技

9月8日(金曜日)

YouTube Preview Image

男子10000mの結果

 

1位 28分20秒50 Sカリウキ(日本薬科)

2位 28分21秒85 Pワンブイ(日本大学)

3位 28分44秒88 西山 和弥(東洋大学)

4位 28分47秒50 塩尻 和也(順天堂大)

5位 28分50秒94 松尾淳之介(東海大学)

6位 29分08秒67 J・ギチア(第一工大)

7位 29分09秒06 太田 智樹(早稲田大)

8位 29分14秒08 石井 優樹(関西学院)

 

全日本インカレ男子10000mはラスト勝負を制したサイモン・カリウキが関東インカレ(2部)に続いて優勝をしました。

この時期に28分20秒で走ってしまうのは流石です。

10月の箱根駅伝予選会ではどれ位の走りをしてくれるのか今から楽しみですね。

日本薬科大学を初の箱根駅伝出場に導ける事が出来るか?

注目です。

 

627514

 

ただ、カリウキ選手がこの位の力で走るのはだいたい予想通りでした。

今回衝撃だったのが東洋大学の一年生ルーキー

西山和弥です。

前半から積極的に外国人選手についていき最後は学生界のエース塩尻和也に競り勝っての3位です。

記録もこの時期で28分44秒88

いや~一年生とは思えませんね。

素晴らしいの一言です。

1年生って環境に慣れるまで時間がかかり実力があってもなかなか発揮できない事が多いんですよね。

それもこの時期は夏合宿明けで疲労困憊なはず。(特に1年生は…)

その中でこの結果ですから、これからの期待度がかなり高いです。

 

627622

 

今季は青山学院大学と東海大学の一騎打ちかと予想していましたが

これで東洋大学も出雲駅伝全日本大学駅伝箱根駅伝の3大駅伝で優勝を争える戦力が整ってきたのではないでしょうか。

西山和弥がいきなり箱根駅伝の2区を走るなんて事もあり得えますね。

 

 

あとは関東の大学以外で8位入賞をした石井優樹も素晴らしい走りをしました。

関東の大学以外だとなかなか上位進出するのは難しいんですよね。

これからに期待です!!

 

514216

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
湘南地域の健康保険適用・在宅・訪問マッサージ
ランナー鍼灸院
http://www.runner846.com/
住所:〒253-0006 神奈川県茅ケ崎市堤1-1
TEL:0120-993-756
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

W杯予選の南アフリカ対セネガルが再試合に?

runner846: 掲載日: 2017年09月07日 15 : 15

ワールドカップアフリカ予選で再試合が行われるようです。

詳しくはコチラ↙

W杯南アフリカvsセネガルが不正により再試合に…

 

記事の中身は

主審のPK判定が誤審(不正に試合操作をした)という事で再試合をする。という内容です。

 

サッカーで判定による再試合ってなかなかない事なんですけどね。

少なくても私の記憶の中では一度もありません。

 

627622

 

サッカーの試合って誤審」は日常茶飯事でたくさんあるんです。

人間が行う事なので「誤審」も込みでサッカーの試合という事で

「誤審」があっても再試合なんてことはなかったんです。

 

IMG_0305

 

日本だってワールドカップ予選のUAE戦で浅野拓磨のシュートがゴールを割っていたのに認められなかった。

VTRで証明出来ても後から判定が覆る事はなかったですよね?

1986年メキシコワールドカップでマラドーナが手を使ってゴールを決めましたがこれも覆る事がなかった。

 

普通は間違いがあったとしても後から覆るなんて事はないんです。

そうするとキリがないので。

 

取り敢えず問題のシーンを見てみました。↙

YouTube Preview Image

確かに手に当たってはいないので誤審なんですが

過去にもこれくらいのレベルの誤審はたくさんあったんですよね。

 

627532

 

 

この判定で審判はスポーツ仲裁裁判所から永久資格停止処分を受け、試合は再試合(予定)になりました。

 

かなり厳しい処分です。

南アフリカ側が審判を買収したとかそんなレベルです。

 

買収の証拠があったんですかね…。

それならこの厳しい処分も理解できるのですが…。

 

101166

 

こういった大事な国際試合はフェアであって欲しいです。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
湘南地域の健康保険適用・在宅・訪問マッサージ
ランナー鍼灸院
http://www.runner846.com/
住所:〒253-0006 神奈川県茅ケ崎市堤1-1
TEL:0120-993-756
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

障がい者手帳を持っているのですが料金に違いがありますか?

runner846: 掲載日: 2017年09月06日 19 : 49

神奈川県藤沢市にお住いの方から質問メールを頂きましたので紹介します。

 

「障がい者手帳を持っているのですが料金に違いがありますか?」

 

mail_woman

 

質問メールありがとうございます。

 

お答えします。

はい。

障がい者手帳(要医療助成証)を持っている場合は助成制度が受けられますので自己負担額が0円になります。

助成が受けられる障がい者等級は、お住まいの地域(市町)によって違いがありますのでこちらを参照にして下さい↙

重度障害者医療助成制度

(藤沢市の場合は障害者手帳1級~3級まで、茅ケ崎市の場合は障害者手帳1級~2級まで)

 

’j«ŠÅŒìŽt_‚¨‚¶‚¬ÎŠç

 

 

年齢や収入によっては医療助成が受けられない場合もございます。

詳しくは訪問マッサージ無料体験の時にご説明いたしますので

まずは無料体験マッサージを是非お試し下さい。

 

予約・お問い合わせはこちら↓

予約・お問い合わせフォーム

 

ご予約・お問い合わせをお待ちしております。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
湘南地域の健康保険適用・在宅・訪問マッサージ
ランナー鍼灸院
http://www.runner846.com/
住所:〒253-0006 神奈川県茅ケ崎市堤1-1
TEL:0120-993-756
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

茅ヶ崎で訪問マッサージが評判のランナー鍼灸院のブログでは担当者の素顔もご紹介しております

ランナー鍼灸院では介護が必要な方やご高齢者を中心にした介護マッサージや、ランナー向けの訪問マッサージをご提供しております。ご自宅へのご訪問にあたってはどんなスタッフが来るのか、ご不安をお持ちになる方もいらっしゃると存じます。
茅ヶ崎のランナー鍼灸院のブログでは、日常での活動を交えたスタッフの素顔や診療でのエピソードなどをご紹介しておりますので、ぜひご確認ください。自らもマラソンにチャレンジするスタッフを中心に、ご利用者様のお気持ちや痛みが分かるスタッフが施術を担当させていただきます。
当院の訪問マッサージはお悩みや痛みに寄り添い、介護をされるご家族様のお気持ちに寄り添い、介護負担も軽減されると高い評判を頂戴しておりますので、安心してお任せいただけます。