携帯電話からでも無料 フリーダイヤル 0120-993-756
bg-1-134546

症例疾患

膝痛(オスグット)の治療  湘南地域(藤沢~平塚)のランナーへ 

runner846: 掲載日: 2016年09月28日 8 : 39

img_0268

健太「最近、膝の下が痛いんだけど…」

 

生井「もしかしたらオスグットかもね。健太君は成長期だし。」

 

「オスグット?」

 

「うん。正式にはオスグットシュラッター病というんだけど、10歳前後の成長期の子供に多いんだ。」

img_0312

「へぇ、生ちゃんはなった事ある?」

 

「あるよ。小学6年生の時に。痛かったなぁ…。

一般的にも10歳~18歳くらいに多いみたいだね。

思い返してみても、大学や実業団の時は膝を故障する事はあったけど、脛骨粗面が痛くなる事はなかったから。」

 

「何でなってしまうの?」

cc-library010008320

「うん。まぁ簡単言うとオーバーユース、使い過ぎなんだけど、なぜ成長期の子供に多いかと言うと、その痛い部分(膝の下)脛骨粗面は成長期の子供はまだ、軟骨部分が多いくて弱いんだ。だから、繰り返し使い続けてしまうと、炎症が起きてしまう。そして痛みが出る。」

 

「どうすれば良いの?」

 

「膝に負担がかからないように大腿部をケアする必要がある。ハムストリングや大腿四頭筋の筋肉をストレッチして柔軟性を高めたり、マッサージをして疲労物質を取ったりする事が大切だよ。当治療院では血海というツボに鍼を刺入する事もあるよ。ひどくなってしまうと、運動自体が出来なくなってしまうからやっぱり無理はしてはいけない。」

 

「そうなんだ。少し休んでみようかな。

ところで何でオスグットシュラッター病って言うの?」

 

「詳しくは知らないけど、オスグットという医者とシュラッターという医者が症例を発表したからこの病名になったらしいよ。」

 

「へぇ~。膝下を『グッと押すと』痛むからオスグットって言うのかと思ってたよ。」

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ランナー鍼灸院
http://www.runner846.com/
住所:〒253-0006 神奈川県茅ケ崎市堤1-1
TEL:0120-993-756
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

廃用症候群って?湘南地域(藤沢~平塚)の皆様へ 

runner846: 掲載日: 2016年09月27日 12 : 53

img_0257

ランちゃん「廃用症候群って何?」

 

生井「寝たきり状態が長く続く事で身体の機能が低下する病気だよ。具体的に言うと

  動かない→関節が硬くなる→筋力低下→もっと動かなくなる

と、悪循環になってしまうんだよね。

身体も動かさないから当然床ずれ(褥瘡)も出来やすくなってしまうんだ。」

 

 

 

「へぇーそれは身体に良くないね。」

tokozure_nurse

「そうなんだよ。身体を少しでも動かさないと、どんどん悪循環にはまってしまうからね。例えばベットから起き上がる事が出来なくても体位変換を行うだけで少なくても褥瘡の予防は出来るからね。」

 

「どうすれば良いの?」

 

「やっぱり寝たきり状態が続いているのが原因だからね。ランナー鍼灸院では関節可動域訓練や筋力トレーニングなど出来る範囲で行い、マッサージで血行促進し動ける範囲で動かして予防をしているよ。あとは積極的に会話をして心理的な面でもサポートするようにしてるんだ。」

illustrain04-kaigo16

「それは良いね。動かないってやっぱり身体に悪いんだね。ちなみにどこまで訪問してくれるの?」

 

「当院から半径16km以内だよ。茅ヶ崎市、藤沢市、寒川町、平塚市、大磯町などの湘南地域を対象とさせて頂いてるよ」

詳しくはこちらをクリック→訪問エリア

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ランナー鍼灸院
http://www.runner846.com/
住所:〒253-0006 神奈川県茅ケ崎市堤1-1
TEL:0120-993-756
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

骨粗しょう症って? 湘南地域(藤沢~平塚)の皆様へ

runner846: 掲載日: 2016年09月27日 14 : 01

cc-library010008320

健太「骨粗しょう症って骨がスカスカになる病気なんでしょ?何で?原因は?」

 

生井「うん。まず骨は骨を壊す破骨細胞と、骨を作る骨芽細胞があるんだ。この2種類の細胞がバランス良く働く事で丈夫な骨に作り替えられているんだよ。ところが、加齢などが原因で破骨細胞の働きが多くなりバランスが崩れてしまうと骨がスカスカになってしまい骨折しやすくなってしまうんだ。一般的には50歳以上の女性に多く、その原因は女性ホルモンの低下だと言われているんだ。骨折すると日常生活にも影響が出て大変だよね。」

 

「気をつけないといけない事は?」

 

「骨粗しょう症→転倒→骨折→寝たきり→廃用症候群→筋力低下、関節拘縮

なんて、悪循環に陥ってしまう場合もあるんだ。

特に大腿骨骨折を骨折してしまうと寝たきりになりやすいからね。(その場合は医療保険適用の訪問マッサージ、ランナー鍼灸院にご相談下さい)」

illustrain10-obaatyan15

「骨粗しょう症から寝たきりになって廃用症候群になってしまう事もあるんだね。ちなみにランナー鍼灸院はどこにあるの?」

 

「当院の所在地は茅ケ崎市だけど、藤沢市、寒川町、平塚市、大磯町、綾瀬市など湘南地域を対象に訪問マッサージをさせて頂いてるよ。」

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ランナー鍼灸院
http://www.runner846.com/
住所:〒253-0006 神奈川県茅ケ崎市堤1-1
TEL:0120-993-756
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

喘息(ぜんそく) って苦しい?湘南地域(藤沢~平塚)のランナーへ

runner846: 掲載日: 2016年09月27日 14 : 10

img_0268

健太「生井ちゃんは喘息持ちなんでしょ?」

 

生井「そうなんだ。小さな頃から喘息で季節の変わり目で急に気温が低くなったり煙草の煙を吸ってしまったり、風邪をひいてしまったりすると、発作が出てしまい大変だったんだよ。夜中に発作が出ると眠れなかったんだ。苦しかったなぁ…。」

 

「へぇ~大変だったね。」

 

「大変だったよ。特に陸上競技の長距離種目をしていたから、競技中に発作が出ると万事休す。って感じだった。だから、試合前は薬を使用していたよ。ただ、風邪をひいてしまうと薬を使っても駄目だった。だから、体調管理にはいつも気をつけていたね。」

cc-library010010754

「ふーん。じゃあ試合前は、うがいや手洗いは必須だね。」

 

「そうだね。人一倍気をつけていたよ。特に箱根駅伝の前は大変だった。…と言うのも私の時からドーピング検査が始まったんだ。喘息の薬はドーピング検査にひっかかる可能性があったから使えなかったんだよ。箱根駅伝は1月2日で真冬だし、風も冷たいから、少しでも体調が悪かったらアウトとにかく体調管理には気をつけたよ。」

 

「今は平気なの?」

 

「大人になると気管が大きく(広く)なるみたいで、ほとんど発作が出る事はなくなった。体調が悪い時はでるけどね。」

0_0_0_0_168_168_csupload_68879145

「治療方法ってあるの?」

 

「私の経験だと、一番の治療法は規則正しい生活を送るのが一番だと思う。あとは吸入ステロイドなどを服用するのが一般的。私も小さい頃は良く使用してた。鍼灸では、大椎や肺兪、天突というツボを刺激すると有効だと言われているから喘息の患者様には鍼を刺入したり、指圧をしたりしているよ。」

 

「へぇ。鍼灸マッサージも有効なんだ。」

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ランナー鍼灸院
http://www.runner846.com/
住所:〒253-0006 神奈川県茅ケ崎市堤1-1
TEL:0120-993-756
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

認知症の治療にマッサージ? 湘南地域(藤沢~平塚)の皆様へ 

runner846: 掲載日: 2016年09月27日 12 : 47

img_0257

ランちゃん「認知症にマッサージって有効なの?」

 

生井「もちろん有効だよ。」

 

「何で?認知症って脳の神経細胞が死滅する病気でしょ?マッサージは関係なんじゃない?普通は薬剤での治療が一般的でしょ?」

 

「確かに飲み薬や貼り薬などの治療が一般的ではあるけど、マッサージも非常に有効的なんだ。」

 

「えー何で?関係がないように思うけど・・・。」

 

「うん。運動(関節可動域訓練や筋肉トレーニング)やマッサージをする事で血行が良くなり脳血管の循環を改善し、脳の活性化につながるからだよ。」

illustrain04-kaigo16

「ふーん。やっぱり脳の血流を良くして脳に栄養を送るのって大切なんだね。」

 

「そうだよ。ただ、マッサージによって認知症を完治させるのは難しいけどね。それでも進行を抑えるお手伝いは出来るはずだよ。」

 

「そうなんだ。私の家まで訪問マッサージに来てくれる?」

 

「もちろん。茅ヶ崎市、藤沢市、平塚市、寒川町、大磯町などの湘南地域を中心に当院から16km以内なら訪問可能だから是非声を掛けてよ」

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ランナー鍼灸院http://www.runner846.com/
住所:〒253-0006 神奈川県茅ケ崎市堤1-1
TEL:0120-993-756
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ASL(筋萎縮性側索硬化症)の治療って?湘南地域(藤沢~平塚)の皆様へ

runner846: 掲載日: 2016年09月27日 13 : 35

cc-library010008320

健太「ねぇねぇASL(筋萎縮性側索硬化症)ってどんな病気なの?」

 

生井「手や足を動かす神経が侵されて筋肉が動かしづらくなり、筋肉がやせ細っていく病気だよ。」

 

「どんな症状なの?」

 

「初期症状は手足の麻痺が非常に多いよ。最初は箸が持ちづらい、手足が上がらないなどの自覚症状がでるんだ。やがて手や足の筋肉がやせ細ってしまう。あとは球麻痺といって舌や喉の筋肉が弱まり、言葉を発しにくくなる、食べ物を飲み込みづらくなったりする進行すると全身の筋肉が弱くなり自力では起き上がれなくなる。呼吸やことばを発するのも難しくなりコミニュケーションも取りづらくなってしまうんだ。」

 

「鍼灸マッサージは有効なの?」

img_0289

「もちろんだよ。腕や足を動かした時に急に筋肉が収縮してこむらがえしを起こしてしまう事もあるんだ。だから、筋肉を温めたり、もみほぐしたりしているよ。また、便秘改善の為に腰部をマッサージするのも有効かな。あとは関節拘縮予防の為に関節可動域訓練をおこなって、関節を硬くならないようにする事が大切だよ。」

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ランナー鍼灸院
http://www.runner846.com/
住所:〒253-0006 神奈川県茅ケ崎市堤1-1
TEL:0120-993-756
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

訪問マッサージで信頼と実績ある茅ヶ崎のランナー鍼灸院より適応症例や有効な施術をご紹介いたします

ランナー鍼灸院では介護や介助が必要なご高齢者様や、疾患や骨折による後遺症で筋麻痺や関節が硬くなり日常動作が難しくなった方向けの介護マッサージや、ランニングやマラソンで筋肉疲労などを起こしている方や故障の改善、予防のための訪問マッサージをご提供しております。
茅ヶ崎のランナー鍼灸院でどのような症例に対応ができるのか、どのような治療が有効なのかを分かりやすくご案内しておりますので、ご参考になさってください。
介護が必要な方やご高齢者が医療保険の適用を受けて訪問マッサージを受けるには、一定の症例や症状に該当する必要があり、医師の同意も必要となります。ご利用可能か確認させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。