携帯電話からでも無料 フリーダイヤル 0120-993-756
bg-1-134546

症例疾患

疲労骨折はレントゲンに写らない? 湘南地域(藤沢~平塚)のランナーへ 

runner846: 掲載日: 2016年09月27日 11 : 33

img_0268

健太「疲労骨折はした事ある?」

 

生井

「もちろんだよ。合計で5回ある。

高校1年生 11月 右大腿骨骨折

高校1年生 2月 右足腓骨

実業団1年目 5月 左足脛骨

実業団2年目 6月 左足薬指

引退後2年目 2月 左中足骨(足の甲)

これだけ疲労骨折した人は他にいるだろうか?と思ってしまうくらいしているよ。」

 

 

「凄いね(汗)なんでこんなに疲労骨折するの?」

 

「高校の時は成長期だったってもあると思うけど、まぁ単純にオーバーユースだね。使い過ぎ。どの時期を思い返してもやっぱり疲れていた。それによってフォームが崩れて普段は負荷がかからないところに負荷がかかってしまった。」

 

「ふーん。やっぱり激痛?」

 

「他の故障と違って朝起きて足を着いた瞬間?いや、その前から痛みを感じる。すごく腫れるしね。普通に歩けないし、うん。激痛だね。3日間は日常生活にかなり支障がでるよ。ただ、3日経つと随分と痛みはひいてきて、2週間経つと歩くのは問題なくなり柔らかい所であればゆっくりと走れたりする。でも、やっぱり普通に走るようになるまでは1か月以上かかってしまうなぁ。」

 

「気を付けなければいけない事は?」

 

「まず、整形外科でレントゲンをとっても最初の2週間くらいは疲労骨折が写らないんだ。4週間くらい経って骨が出来てきた時に初めてレントゲンに骨折箇所が白く写る。5回疲労骨折をしたけど、5回ともそうだった。つまり、治ってきた頃にようやく疲労骨折とわかる事が多い。だから、その前に自己判断で走りだしてしまわない事かな。」

 

「治療方法は?」

 

「鍼灸マッサージ治療で直接治療するという事はしてないよ。ただ、2週間以上経って、運動を始めた頃にかばって他の部位に負担がかかってしまった場合その部位を鍼灸マッサージ治療で筋緊張等を緩和する事は可能だよ。あとは、ランナー鍼灸院にはないけど、酸素カプセルなどが有効だと言われているね。元プロサッカー選手のベッカムも骨折した時は酸素カプセルを利用して回復を早めたらしいよ。予防法としては常に筋肉を緩めておくこと。例えば脛骨疲労骨折の予防であれば三陰交などを刺激して筋肉を緩めて予防するよ。」

 

「じゃあ治り始めの頃にお世話になろうかな」

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ランナー鍼灸院
http://www.runner846.com/
住所:〒253-0006 神奈川県茅ケ崎市堤1-1
TEL:0120-993-756
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇