携帯電話からでも無料 フリーダイヤル 0120-993-756
bg-1-134546

症例疾患

ASL(筋萎縮性側索硬化症)の治療って?湘南地域(藤沢~平塚)の皆様へ

runner846: 掲載日: 2016年09月27日 13 : 35

cc-library010008320

健太「ねぇねぇASL(筋萎縮性側索硬化症)ってどんな病気なの?」

 

生井「手や足を動かす神経が侵されて筋肉が動かしづらくなり、筋肉がやせ細っていく病気だよ。」

 

「どんな症状なの?」

 

「初期症状は手足の麻痺が非常に多いよ。最初は箸が持ちづらい、手足が上がらないなどの自覚症状がでるんだ。やがて手や足の筋肉がやせ細ってしまう。あとは球麻痺といって舌や喉の筋肉が弱まり、言葉を発しにくくなる、食べ物を飲み込みづらくなったりする進行すると全身の筋肉が弱くなり自力では起き上がれなくなる。呼吸やことばを発するのも難しくなりコミニュケーションも取りづらくなってしまうんだ。」

 

「鍼灸マッサージは有効なの?」

img_0289

「もちろんだよ。腕や足を動かした時に急に筋肉が収縮してこむらがえしを起こしてしまう事もあるんだ。だから、筋肉を温めたり、もみほぐしたりしているよ。また、便秘改善の為に腰部をマッサージするのも有効かな。あとは関節拘縮予防の為に関節可動域訓練をおこなって、関節を硬くならないようにする事が大切だよ。」

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ランナー鍼灸院
http://www.runner846.com/
住所:〒253-0006 神奈川県茅ケ崎市堤1-1
TEL:0120-993-756
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇