携帯電話からでも無料 フリーダイヤル 0120-993-756
bg-1-134546

症例疾患

膝痛(オスグット)の治療  湘南地域(藤沢~平塚)のランナーへ 

runner846: 掲載日: 2016年09月28日 8 : 39

img_0268

健太「最近、膝の下が痛いんだけど…」

 

生井「もしかしたらオスグットかもね。健太君は成長期だし。」

 

「オスグット?」

 

「うん。正式にはオスグットシュラッター病というんだけど、10歳前後の成長期の子供に多いんだ。」

img_0312

「へぇ、生ちゃんはなった事ある?」

 

「あるよ。小学6年生の時に。痛かったなぁ…。

一般的にも10歳~18歳くらいに多いみたいだね。

思い返してみても、大学や実業団の時は膝を故障する事はあったけど、脛骨粗面が痛くなる事はなかったから。」

 

「何でなってしまうの?」

cc-library010008320

「うん。まぁ簡単言うとオーバーユース、使い過ぎなんだけど、なぜ成長期の子供に多いかと言うと、その痛い部分(膝の下)脛骨粗面は成長期の子供はまだ、軟骨部分が多いくて弱いんだ。だから、繰り返し使い続けてしまうと、炎症が起きてしまう。そして痛みが出る。」

 

「どうすれば良いの?」

 

「膝に負担がかからないように大腿部をケアする必要がある。ハムストリングや大腿四頭筋の筋肉をストレッチして柔軟性を高めたり、マッサージをして疲労物質を取ったりする事が大切だよ。当治療院では血海というツボに鍼を刺入する事もあるよ。ひどくなってしまうと、運動自体が出来なくなってしまうからやっぱり無理はしてはいけない。」

 

「そうなんだ。少し休んでみようかな。

ところで何でオスグットシュラッター病って言うの?」

 

「詳しくは知らないけど、オスグットという医者とシュラッターという医者が症例を発表したからこの病名になったらしいよ。」

 

「へぇ~。膝下を『グッと押すと』痛むからオスグットって言うのかと思ってたよ。」

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ランナー鍼灸院
http://www.runner846.com/
住所:〒253-0006 神奈川県茅ケ崎市堤1-1
TEL:0120-993-756
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

喘息(ぜんそく) って苦しい?湘南地域(藤沢~平塚)のランナーへ

runner846: 掲載日: 2016年09月27日 14 : 10

img_0268

健太「生井ちゃんは喘息持ちなんでしょ?」

 

生井「そうなんだ。小さな頃から喘息で季節の変わり目で急に気温が低くなったり煙草の煙を吸ってしまったり、風邪をひいてしまったりすると、発作が出てしまい大変だったんだよ。夜中に発作が出ると眠れなかったんだ。苦しかったなぁ…。」

 

「へぇ~大変だったね。」

 

「大変だったよ。特に陸上競技の長距離種目をしていたから、競技中に発作が出ると万事休す。って感じだった。だから、試合前は薬を使用していたよ。ただ、風邪をひいてしまうと薬を使っても駄目だった。だから、体調管理にはいつも気をつけていたね。」

cc-library010010754

「ふーん。じゃあ試合前は、うがいや手洗いは必須だね。」

 

「そうだね。人一倍気をつけていたよ。特に箱根駅伝の前は大変だった。…と言うのも私の時からドーピング検査が始まったんだ。喘息の薬はドーピング検査にひっかかる可能性があったから使えなかったんだよ。箱根駅伝は1月2日で真冬だし、風も冷たいから、少しでも体調が悪かったらアウトとにかく体調管理には気をつけたよ。」

 

「今は平気なの?」

 

「大人になると気管が大きく(広く)なるみたいで、ほとんど発作が出る事はなくなった。体調が悪い時はでるけどね。」

0_0_0_0_168_168_csupload_68879145

「治療方法ってあるの?」

 

「私の経験だと、一番の治療法は規則正しい生活を送るのが一番だと思う。あとは吸入ステロイドなどを服用するのが一般的。私も小さい頃は良く使用してた。鍼灸では、大椎や肺兪、天突というツボを刺激すると有効だと言われているから喘息の患者様には鍼を刺入したり、指圧をしたりしているよ。」

 

「へぇ。鍼灸マッサージも有効なんだ。」

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ランナー鍼灸院
http://www.runner846.com/
住所:〒253-0006 神奈川県茅ケ崎市堤1-1
TEL:0120-993-756
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

座骨神経痛の治療に鍼治療!湘南地域(藤沢~平塚)のランナーへ 

runner846: 掲載日: 2016年09月27日 12 : 34

健太「生ちゃんは座骨神経痛になった事はあるの?」

 

生井「あるよ。でも座骨神経痛は色々なタイプがあるからね。私の場合はランナーに多い梨状筋症候群のタイプだよ。お尻の筋肉が硬くなって神経を圧迫して痛みがででしまうんだ。」

 

「へぇ~。なんでも経験してるんだね。どうやって治療してるの?」

medical_harikyu_man

「お尻の筋肉は大きいからね。マッサージだと深い部分に刺激が届かないからランナー鍼灸院では鍼を刺入して電気鍼療法(パルス)を行っているよ。血流を良くする事で筋肉をほぐし神経への圧迫を抑えるんだ。お尻の下の承扶といつツボを刺激する事もあるよ」

 

「やっぱり走り過ぎが原因なの?」

 

「そうだね。俗にいうオーバーユース、使い過ぎが原因な事が多いかな。私の場合はお尻が鉄板みたくカチコチに固まってしまっている。気を付けてはいるんだけどね。」

 

「そうなんだ。僕も最近ランニングを始めたから気をつけないといけないな。」

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ランナー鍼灸院
http://www.runner846.com/
住所:〒253-0006 神奈川県茅ケ崎市堤1-1
TEL:0120-993-756
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

鵞足炎(がそくえん)に鍼治療!湘南地域(藤沢~平塚)のランナーへ 

runner846: 掲載日: 2016年09月27日 12 : 17

img_0268

健太「鵞足炎(がそくえん)になった事ある?」

 

生井

「あるよ~。何といっても私は『故障のデパートだからね。』長距離ランナーの故障はほぼ体験してるよ。鵞足炎は2度あるね。

2004年4月29日~5月5日

2015年3月3日~3月10日

1度目が実業団1年目の春で2度目が現役引退して鍼灸マッサージの国家試験が終わった頃だったかな。」

 

「へぇ~何が原因なの?」

 

「原因は一概には言えないんだ。

一般的には

①Ⅹ脚

②偏平足

③シューズの内側が減り気味

④ハムストリングの筋緊張

とか言われているけど…。ただ、私は偏平足どころかアーチはすごく深いし、Ⅹ脚どころか日本で1番ってくらいのO脚だしシューズは外側がすり減っている。共通点があまりないんだよね。

ただ一点。2回の故障で共通していたのがハムストリングの筋肉の張りが半端なく強かった事。特に半腱様筋が。そこが原因じゃないかな。しっかりとハムストリングの筋肉をケアしていれば起きなかった故障だと思う。」

 

「へぇー。何がきっかけで、どういう痛みなの?」

 

「とにかく膝を伸ばすと激痛だね。私は家が5階だから、階段の上り下りが辛かったなぁ。2日~3日は日常生活にも支障が出るよ。思い返すと1度目は日体大記録会の後、2度目は三浦国際マラソンの後で試合の次の日だったんだよね。きっかけはというか、スピードをあげた次の日になりやすいのかもしれない。2,3日は激痛なんだけど、私の場合は1週間後には走れるようになった。意外にも早く走れるようになったぁ。ただ、膝が伸ばしづらい感じは当分残るね。」

 

「具体的にどう治療をするの?」

medical_harikyu_man

「ハムストリングがピンピンに張る事で(硬くなる事)付着部である鵞足部に影響していると考えられる。だから、ハムストリングの筋肉とくに半腱様筋健に鍼治療をして筋肉を緩めるよ。大腿二頭筋上にある承扶というツボに刺入する事もある。自分で鍼治療をして実際に良くなったから効果はあると思うよ。」

 

「ふーん。そうなんだ。日常生活に支障が出るのは嫌だから気をつけよう。湘南地域が出張の対象なんだ。今度予防の為に利用してみようかな。」

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ランナー鍼灸院
http://www.runner846.com/
住所:〒253-0006 神奈川県茅ケ崎市堤1-1
TEL:0120-993-756
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

シンスプリントの治療って?湘南地域(藤沢~平塚)のランナーへ 

runner846: 掲載日: 2016年09月27日 12 : 07

健太「シンスプリントっていう故障をした事ある?」

 

生井「あるよ。シンスプリントはランニング障害に多い故障の一つだからね。やっぱり走り過ぎるとなってしまう故障の一つかな。」

 

「どういった痛みなの?」

 

「すねの内側(脛骨の内側)下の方が痛むんだ。インターネットや本などでは『脛骨疲労骨折とよく間違える。』と載っているけど、シンスプリントと脛骨疲労骨折を両方経験している私からすると痛みは全然脛骨疲労骨折の方が痛い。朝起きるて足を着くのも痛いくらいだからね。どちらも走り過ぎなのは一緒だけどね。」

 

「原因は?」

 

「やっぱり走り過ぎが原因なんだけど、O脚や偏平足の人がなりやすい。あとは硬いロードを走り過ぎたり、シューズが悪かったりなど環境的な要因もあるよ。」

 

「ランナー鍼灸院の治療法は?」

 

「周辺筋肉の疲労(下腿内側筋群の筋緊張)と言われているから触診して、その筋肉を和らげ疲労をとるようにしているよ。三陰交というツボに鍼治療やマッサージをする事もある」

0_0_0_0_142_164_csupload_68867457

「僕も最近オーバーワークだからなぁ。気を付けないといけないな。鍼灸院の場所はどこ?」

 

「茅ヶ崎市にあるよ。滝ノ沢小や大庭小の近くだよ。藤沢市、寒川町、平塚市などには訪問治療もさせて頂いているから是非利用してよ。」

 

「じゃあ、今度行ってみようかな。」

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ランナー鍼灸院
http://www.runner846.com/
住所:〒253-0006 神奈川県茅ケ崎市堤1-1
TEL:0120-993-756
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

膝痛(タナ障害)の治療 湘南地域(藤沢~平塚)のランナーへ 

runner846: 掲載日: 2016年09月27日 12 : 26

健太「タナ障害って何?」

 

生井「簡単に言うと膝の故障だよ。私も一度だけこの故障になった事があるけど、かなり手強い故障だったよ。

 

「どんな所が?」

 

「まず、痛い!!日常生活にも支障がでる。階段の上り下りは特に激痛だね。自動車を運転するのもおっくうになる。(肥大したタナという部分が大腿骨下端の膨らんだ部分に擦れる為、痛みが出る)そして、治るのが遅い!私の場合は約2ヶ月かかったから、疲労骨折より長い期間かかったかな。」

 

「何が原因だったの?」

 

「私の場合は。。。

恥ずかしく言いたくないんだけど…(”^ω^)」

0_0_0_0_168_168_csupload_68879145

「何で?教えてよ」

 

「うん。間違いをしてしまったんだ。」

 

「何が?」

 

「実は左足を疲労骨折していて、完治してないのに走っていたんだ。芝生の上で柔らかい所だったらクッションになってほとんど痛みを感じなかったから。そしたら反対の右足に負担がかかって、さらに芝生の上だから筋肉を使うでしょ。右大腿四頭筋がパンパンに張って、右ひざに負担がくる。そして故障をする。

 

「なるほど。痛いときは走らない方がいいって自分で言っていたの走っていたんだ。

((+_+))」

 

「まぁマラソンランナーはそんな人が多いからね。治療方法はやっぱり鍼治療かな。大腿四頭筋や患部を触診して膝周りに刺入するよ。あとは血海というツボに刺入する事もある」

 

「僕は故障したら無理せずに治すようにするよ」

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ランナー鍼灸院
http://www.runner846.com/
住所:〒253-0006 神奈川県茅ケ崎市堤1-1
TEL:0120-993-756
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

訪問マッサージで信頼と実績ある茅ヶ崎のランナー鍼灸院より適応症例や有効な施術をご紹介いたします

ランナー鍼灸院では介護や介助が必要なご高齢者様や、疾患や骨折による後遺症で筋麻痺や関節が硬くなり日常動作が難しくなった方向けの介護マッサージや、ランニングやマラソンで筋肉疲労などを起こしている方や故障の改善、予防のための訪問マッサージをご提供しております。
茅ヶ崎のランナー鍼灸院でどのような症例に対応ができるのか、どのような治療が有効なのかを分かりやすくご案内しておりますので、ご参考になさってください。
介護が必要な方やご高齢者が医療保険の適用を受けて訪問マッサージを受けるには、一定の症例や症状に該当する必要があり、医師の同意も必要となります。ご利用可能か確認させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。